【Top Message】リックキッズ株式会社|代表取締役/森本 潤|1977年8月23日、大阪府生まれ。2001年3月、関西大学工学部卒。コンサルティングファーム勤務の後、2008年8月リックキッズ株式会社(旧:株式会社M&Sコミュニケーションパートナーズ)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。

より早く、より高く成長する。

私たちリックキッズ株式会社(以下、リックキッズグループ)は、民間学童リックキッズ(以下、リックキッズ)を筆頭に、年中・年長・小学生向け科学の実験&体験教室のサイエンスアカデミア、0歳・1歳・2歳を対象にしたプチリック保育園、長野県志賀高原の宿泊施設である石の湯ロッジの運営といった幅広い事業を展開しています。事業体はさまざまですが、そこには一貫した理念と想いがあります。

まず、保護者である「社会の第一線で活躍するお父様、 お母様の最大の理解者であり、サポーターであろう」ということ。

社会の変化に伴って共働き世帯が増え、自ずと子どもたちの日中や放課後、長期休暇の居場所が重要になっています。そんな子どもたちのお父様・お母様は、まさに社会のさまざまなシーンで活躍を期待されている世代。大切なお子様を安心して預けられ、雑事も減らすことで、オン・オフともに充実した日々を過ごしていただくために、常に革新的なサービスと利便性を徹底的に追求しています。たとえばリックキッズでは専用車両により、学校や自宅はもちろん、習い事の教室への送迎も実施。さらにITシステムを柔軟に活用し、欠席や延長保育をPCやスマホで申請できたり、利用料をクレジット決済で支払えるようにしています。

子どもたちには「年齢を重ねれば重ねるほど、可能性の広がる人生を歩んでもらいたい」。そのために、夢や将来のビジョンを描く力、かなえる力を高めてほしいと願っています。

リックキッズでは時間を設定して小学校の宿題をするよう促し、サポートしていますが、それ以外はカリキュラムを詰め込みすぎず、遊びを制限せず、子どもたちにとって「とにかく楽しい・おもしろい」場所であるように努めています。そして、ホームページを見ていただければわかりますが、実に多彩なプログラムやイベントを用意しています。それは「より多くのチャレンジを通して、より多くの成功体験を積む」とともに「得意分野・好きなこと・夢中になれることを自分自身で見つけてもらう」ためです。

皆さんに知っていただきたいのは、これらはすベて私たちのメンバーがゼロから形にしているということです。保護者の皆様と子どもたちに、よりよいサービスを提供する。それは、新しい価値を生み出すとともに、子育てしながら生き生きと働ける社会や子どもたちの未来を創造する仕事に他なりません。そのため、リックキッズでは「子どもたちと楽しく過ごす」以上のスキルが必要です。正直に言えば、他の民間学童より高いレベルの企画力や行動力、情熱が求められます。私たちは「社会に仕事の足あとを残し、記憶に残る大人になろう」というビジョンを共有し、チームワークを発揮しています。一人ひとりのゆたかな個性や能力をフルに活かせ、確かなやりがいと歓びを感じられる仕事と、より早いスピードで成長を実現できる未来があることを約束します。皆さんのチャレンジを心からお待ちしています。

リックキッズグループ

東京都内に24校舎(2022年◎月現在)を展開する民間学童「リックキッズ」、同じく都内4教室(2022年◎月現在)を展開する年中・年長・小学生向け科学の実験&体験教室「サイエンスアカデミア」、東京都・千葉県・茨城県に8園(2022年◎月現在)を展開する0歳・1歳・2歳を対象にした「プチリック保育園」、長野県志賀高原の宿泊施設「石の湯ロッジ」の運営を行なっています。今後も校舎・教室・園の規模と数を各地に広げ、多くの働くお父様・お母様と子どもたちの、より充実した毎日と未来を実現できるように、多方面の挑戦と進化を続けていきます。

採用情報へ 応募フォーム/お問合わせへ